生命保険見直しについて

医療保険、がん保険、終身保険

保険の種類をは大まかに分けると3つに分かれます。


医療保険、がん保険、終身保険です。


それぞれの目的を確認して自分が必要としている保障がどれにあてはまるのか、判断しましょう。


○医療保険・・・病気になった時の保障。入院時、通院時で保障内容が異なる。手術が必要な時にどれくらいの保障がでるのかも忘れずにチェックしましょう。保証期間も重要事項です。


○がん保険・・・特定の病気に限定した保険であり、中には成人が掛かりやすい、重病のベスト3の疾病に対する保障をするものもあります。これら
特定の病気は医療費が高額となり、家計を圧迫する可能性が高いので、保障したい保険ですね。


○終身型保険・・・保険には、終身型と更新型があります。一生涯を保障するのか。期限を区切りながら続けていくのか。費用的には、終身型の方が年単位での費用は安くなります。
これらの保険の種類の中で、自分に合っているものをチョイスして組み合わせて契約することも可能です。
自分に何が必要か。それが一番大切な事なのです。


保険はどんどん変化しています。その時代時代にあったものに変わっていきます。
時代ということばさえ不釣り合いでしょう。特に外資系の保険会社などは、年々変化しています。


医療保険は病気になった時、入院した時に支払われる保険です。
この医療保険は、医療の状況に合わせて変わっていきます。


医療技術の進歩はめざましいものがあります。以前は必ず入院して、手術が必要な病気なども、
入院せずに通院して治すことが可能になったものがあります。


また大がかりな手術をして何日も入院しなければいけなかったものも、
今は日帰りや、1日入院で済むものさえあるのです。


そうなると、例えば加入している保険の保障内容が、入院では5日以上でないと支払われない、
となっていると、医療費の負担は自分に全てかかってくるのです。


しかし、新しい保険商品ですと、そのような短い入院や通院治療にも対応しているのです。
また新しい会社が登場して、掛け金がどんどん安くなってきています。


保障内容とともに、掛け金についても一度見直すといいでしょう。
大概の場合、新しい保険商品の方が、以前から掛けていたものより条件、
そして掛け金も有利になっていることでしょう。


生命保険についても考えてみましょう。以前は独身だったから、死亡した後の心配がなかったと言う方も、
結婚して子供がいる状況ならば、以前よりも良い保障のものに変えるべきでしょう。


加入していなかった方も、今後は加入を考えてもいいのではないでしょうか。
医療保険も生命保険も、保険の商品の変化にともなって見直すことも必要ですし、また自分の状況によっても見直す必要があるのです。